ローンの組み方

車の購入はローンが多い

本当は車を購入される場合一括購入した方が安く済みます。
ローンを組む場合、利息支払いが発生します。
もしも、車両価格が50万前前後などの安い車を購入するという場合には、現金で一括購入した方が安く済みます。

でも車の購入も新車、中古に関わることなく200万以上となるとかなりのお買い物となりますので、通常ローンを組むことになります。

ローンを組むとき、ローンの事に詳しくないと、どういうローンにすればいいのか皆目わからない状態で組むことになりますので、ローンを決める前に、仕組みを理解しておくべきです。

車のローンの組み方、流れを理解しておこう

車のローンの組み方としてはまず毎月の収入金額と支出を把握し、ローンにいくら利用できるか、また修理などがでてきた場合に余力を残しておけるかどうかという事も考えます。

次に購入予定車種の維持にかかる費用がどのくらいなのかを概算で調べます。
これはローンとはべつの費用となりますが、実際に車を購入して出てくる金額となるので、試算しておくべきです。

この上で今の自分の月収がいくらなら、毎月の返済額がどのくらい可能かどうかを決定し、次に何年ローンを組むかを考えると、利息を含めた総額がでてきます。
最後に車の購入予定金額から借り入れ総額をひいてみると、大体の頭金相当額がわかります。

頭金なしのフルローンは辛い

最近は頭金なしのフルローンで車を購入される方もいます。
しかしこの場合、返済額がかなり大きくなるので審査に通過しにくくなります。
頭金を準備できるようにして、できればフルローンで車を購入するという事を止める方向に考えましょう。

借入額が大きくなるとその分利息額の多くなり、月々の支払う金額が大きくなりますし、はらってもなかなか減らない・・という状態になります。

例えば金利4%で3年ローンという場合、フルローンでは借入額が200万円、月々の返済額が59000円くらい、利息は総額125000円くらいで支払総額は212万以上です。

頭金を50万準備すると借入額は150万となり月々の返済額についても、45000円弱、利息は95000円くらいとなり支払総額は210万いかずに済みます。

しかし自営業の方は車の購入費用を経費として落とすことができるので、その場合、フルローンで車を購入する事を考えていいと思います。

頭金を支払うのはいつ?

頭金の支払いに、明確には決まっていませんが、通常、契約によってディーラー、中古車販売店と取り決めして行います。
一般的には納車日が多いようです。

中古車販売店の場合、業者の資金面に余裕がないという事もあり、契約する際に支払いしてほしいと求められることもあります。

車の購入を考えるとき、契約の前には頭金の支払いがあると考えて契約の前には頭金を準備しておく方が安心です。

頭金の額とローンの審査について

頭金を多く入れるほどローンの審査に通過しやすいという話をよく聞きますが、これは×で、審査に関しては頭金の事も含めて、そのほか、ローンを組む方の経済的状態を審査することになります。

勤続年数や年収、また勤務先や持ち家であるかどうかなど、こうしたことが審査に加味されるので、頭金の額だけで審査されることはありません。