スズキ

スズキの特徴

次に紹介するのは「スズキ」の自動車です。
赤いSの文字の特徴的なロゴマークは、最近町中でもそのエンブレムをよく見かけるようになったのではないでしょうか?
長らくそこまで大きな人気を持っている会社ではありませんでしたが、昨今の軽自動車ブームもあり、今ではかなり良く見るメーカーの車となってきました。

リーマンショック以前のことではありますが、一時期ゼネラル・モーターズと提携していたこともあり、シボレーやポンティアックなどの輸入販売を行っていたこともあります。
現在ではゼネラル・モーターズは完全に手を引いているため、こういった車種の販売はなくなっています。

スズキ自動車の特徴は「人と同じことはしない、やるなら世界一を目指す」という風土によって支えられています。
自動車だけではなくビッグスクーターなども人気が高く、信頼される車メーカーとして世界に知られるようになっています。

スズキのラインナップ

それでは、スズキの自動車ラインナップについて紹介します。
まず1つ目として紹介するのは「キザシ」です。
2009年から販売されている車種であり、スズキ自動車では唯一のセダン型の車となっています。

国内市場に於いては唯一の4ドアセダンであることもあり、注目を集める1台です。
大々的に生産販売が行われているのではなく、受注生産型となっているため購入者は限られます。

2つ目としては、「スイフト」を紹介します。
スイフトはハッチバック型の車種で、2000年からシリーズ販売が行われるようになりました。
現在ではエネチャージシステムを搭載するようになり、燃費が向上したことでさらに注目を集める車種となっています。

次に紹介するのは「アルト」です。
スズキの本領である軽自動車のうちの一つであり、1989年から続く長寿シリーズの一つでもあります。
定期的なモデルチェンジを繰り返し、2014年に販売された新型で八代目を数えます。
七代目はマツダにも技術提供が行われ、キャロルという名称でも販売されました。

現在ではエネチャージシステムの搭載やレーダーブレーキサポートによる自動ブレーキの搭載など、高度なシステムの取り込みにも余年がありません。
一部グレードにはセミオートマチックトランスミッションの5速オートギアシフトが搭載されるなど、注目を集める1台です。