アウディ

アウディのモデル名に込められた意味

アウディも日本国内でよく見かけるクルマのメーカーです。
洗練された車というイメージが高いアウディですが、このアウディには「Audi A1」というようにモデル名が付けられています。
このモデル名はどのような意味があるのかご存知でしょうか。

「A」はアウディの中で最もベーシックなコアモデルという意味です。
「S」はAモデルをベースとして、スポーティに進化させたモデルです。
「RS」は「S」モデルをさらにスポーティに仕上げた進化したレーシングモデルです。
「Q」は、SUVモデル、「TT」は小型リアルスポーツカー、「R8」は、最上級レーシングモデルという意味が込められています。

このアルファベットの後ろには数字が付きます。
この数字は、数が大きくなるほど、ボディサイズ、エンジンサイズが大きくなっています。
A1の場合、コンパクトボディで排気量が小さいエンジンがついているということで、A8になるとボディサイズ、エンジンサイズ共に大きいという事がわかるようになっているのです。

スポーツカーモデルの称号「S」「RS」

アウディのSはSportsが由来で、RSはRacing Sportsという意味です。
AモデルをベースによりスポーティさをプラスしたのがSです。

そのSモデルにより一層高度なチューニングを施して、スポーツカー同様の性能をもった車に仕上げたのがRS、ハイパフォーマンスモデルなのです。
アルファベットと数字をみれば、排気量やボディサイズがわかるというシンプルな表記は、購入される方にとってもとてもうれしい配慮です。

「Q」シリーズはSUVモデル、独創的なテクノロジー

アウディのフルタイム4WDテクノロジー、「quattro」に由来している「Q」は、路面の状況の王子、四輪がそれぞれ駆動、最適に分配するという技術です。
悪路走破性を高め暗線走行できるように高いテクノロジーが利用されているのです。
この技術が利用されているSUV系のアウディは路面状況が悪い状態でも快適に走る事が出来るため、安全性にも優れたモデルといわれます。

NSUのスポーツカー「TT」の名を継ぐモデル

1960年代、マン島で開催されるTourist Trophy(TT)レースで、数多くの栄光をつかんだNSUのスポーツカー「TT」の名を継ぐモデルで、1995年からこのコンセプトカーが販売されています。
中でもアウディR8は、ルマン24時間耐久レースで何度も勝利を得ているレーシングカーに由来している車です。
ハイパフォーマンスカーと呼ばれるこのアウディのR8は、その姿も美しく、多くのファンを魅了している車です。

この様に、アウディはさまざまなラインナップを多くのファンに提供しています。
アルファベットと数字を理解しておくとその車の性能や機能がわかります。