BMW

BMWといえば世界が愛する高級車

バブル絶頂期、彼が外車に乗っているという事がステイタスだったという時代がありました。
当時、親がお金を持っているという学生も多く、大学に外車で乗り付けるという事もありました。

国産車ではなく、BMWなどの外車に乗っていること、つまり高級車を購入できる財力を持っている人を彼に欲しいと当時の若い女性は常に求めていたわけです。
三高などがもてはやされていた時代で、高身長、高学歴、高収入の人こそ、モテたのです。
そんな若い男性が購入を目指したのが、BMWでした。

BMW7シリーズは絶賛された

世界のモータージャーナリストたちが絶賛したのが、BMW7シリーズです。
革新的なラグジュアリー・セダン、快適性、約同性が光るBMW7シリーズは安全性に関しても最高水準を目指しています。

世界初のBMWジェスチャーコントロールは、運転中、手の動きだけで音量調節など、様々な操作を可能としています。
運転しながら操作、でも路上に意識を集中する事を崩さない安全性をもったコントロールです。

LEDヘッドライトロービームは、これまでの2倍に相当する最長600mまでの距離を照射できます。
夜間、路上が見にくい時間帯になっても視認性が高いヘッドライトロービームによって安全走行が可能です。

自動操舵によって道路の中央を維持できるステアリング&レーン・コントロール・アシスト2が標準装備されています。
高速道路などをずっと走っていると集中が途切れることがありますが、そんな時でもしっかりコントロールしてくれるという事は非常に安全な走行ができるという事です。

車載カメラも向上しています。
ただ廻りを検知するというだけではなく、フロント・ウィンドーに設置されたステレオカメラによって前方の路面のでこぼこ状態を把握する事が出来るのです。
これによってより快適な乗り心地が演出されています。

運転している時も、リアシートに乗っている時にも、安全と乗り心地のよさを感じられる車となっているのです。
またパーキング時にも、狭い駐車スペースの場合、車の出入りが狭いという時もあります。
しかしBMW7シリーズでは、BMWディスプレイ・キーによって遠隔操作ができるリモート・コントロール・パーキング4を、量産車として世界初、搭載しているのです。
狭くてドアをぶつけそうな乗車時でも、ディプレイ・キーのタッチパネルの操作によって自動的に駐車が可能なんて、本当に技術が躍進している事がわかります。

2016年のワールド・ラクジュアリー・カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

世界のモータージャーナリストが操作性においても安全性においてもすべてにおいて、素晴らしい車と絶賛した美しく躍進的な車、それが、BMW7シリーズです。

このBMW7シリーズのほかにも、素晴らしいシリーズがラインナップされています。
更にこの先、車の進化をどこまで見せてくれるのか、BMWに期待大です。