フォード

フォードの歴史をまず知ろう

フォードというと車好きな人ならほとんどの方が知っている老舗メーカーです。
ゼネラルモーターズ、クライスラーと並びフォードはビックスリーといわれるメーカーで、創始者ヘンリー・フォードの名をつぎ、特に彼が生み出したT型フォードは20世紀のアメリカをそのまま表現したような素晴らしい車として歴史に刻まれています。

ヘンリー・フォードは自動車会社の企業を二度失敗し、その後、フォードモーターを設立しました。
1903年という時代に作られた企業です。

A型と呼ばれた車から製造を行い、T型は1908年代から作られました。
大量生産時代の自動車製造の歴史を作ったメーカーといっても過言ではない素晴らしいメーカーです。

大量生産の自動車生産を行ったという事と、全米規模によってアフターサービスを行うようになったのもこのフォードが最初です。

フォードのT型画は、フル生産開始時代、1909年、年間18000台という生産を行いました。
これは部品を規格化することで部品互換性を確保し、その上で成し得た功績です。
通常この時代には、1台の車をくみ上げる際に、3名ほどが数日間かかって作っていたのですが、フォードの画期的な生産で1日に50万台も作り上げる事が出来るようになったのです。

1913年には世界初、ベルトコンベア式組立ラインが導入され、部品を簡素化し、工員の分業化により生産も加速、1台の車を作り上げるのに3人がかりで数日かかっていたものが、たった2時間30分で組みあがるようになったのです。

フォードはお金持ちのおもちゃから大衆が利用する車へ変化させた

フォードはたくさんの功績を自動車業界に残していますが、なんといっても、当時、お金持ちのおもちゃという存在だった車を大衆が移動、仕事に利用する車として定着させたという事にも高い功績があります。

勿論時代の変化に伴い大衆車ではなく、もっと効率よく、個性的な魅力を持った質の高い車が必要となっていくのですが、今こうして私たちが車を常用の移動手段とできるのもフォードの構成が高いという事をあらわしているのです。

現代のフォードは?

現在、フォードはフォード・モーター・カンパニー日本事業が撤退となり、日本国内でのフォード車部品供給、リコールなどをビーシーアイ株式会社という企業が担っています。

国内有数のディーラーグループのVTホールディングスが100%出資した子会社として2004年に誕生した企業です。

フォードが業績不振という事で日本事業の徹底を余儀なくされても、その後のサポート、サービスについてこうしたしっかりとした企業がついでくれたことは、フォードを愛する人たちにとって大きな安心材料でしょう。

フォートT型、サンダーバード、マスタング等の名車を作り出してきたフォードのファンは根強く、この車に乗りたいというユーザーがたくさんいます。
夢のある車という形をそのまま作り出しているフォードは実に魅力ある車を沢山生産してきた企業です。