ポルシェ

ポルシェは永遠の憧れ

ドイツを代表する自動車メーカーのポルシェは、最高級スポーツカーとしてその名を知られています。
ポルシェと聞いて知らない人はいない、というくらい知名度の高い車でしょう。
特に911は何度も改良を重ね、現在も美しく素晴らしい走りの車として知られています。

ポルシェは1930年に設立した会社で作られたといわれています。
フェルディナント・ポルシェという方が作った企業です。
その後、息子さんのフェリー・ポルシェが1948年に356.001を製造、さらに販売し、自動車メーカーとして世に知られるようになりました。

自動車メーカーになってからもそのほかのメーカーの設計等を手掛け、その売り上げは全体の10%にも及ぶほどだったといわれていますので、当時、ポルシェの技術は非常に高かったという事がわかります。
メルセデスベンツ500Eなどの設計生産、メルセデスベンツC11の最終セッティングなどを手掛けたのも、ポルシェです。

2008年よりフォルクスワーゲン社の傘下に入り、資金繰りに行き詰ったこともあり、2011年、フォルクスワーゲンに買収され経営統合されるはずだったのですが、訴訟問題の解決などのトラブルがあり、現代は、フォルクスワーゲンの完全子会社という形に納まっています。

ポルシェの魅力とは

デザインを見ればわかるように、一目見てポルシェとわかるデザインを持っています。
代表的な車として、ポルシェ356の後継車、知名度の高い911があります。
室内が広く、エンジンに水平対向6気筒エンジンを採用、911はポルシェの中でも名車として、現代でも非常に人気のある車です。

ハンドリングにしても、ステアリングにしても、豪華すぎるキャビンにしても、車の中で最高の作りといわれるほどに素晴らしい車なのです。
現在は911カレラGTS、カレラ4GTS、カレラガブリオレ、タルガ4GTS、911ターボなどのラインナップがあり、いずれも人気です。

様々なポルシェ

スポーツカーの中にあり、お手頃なお値段として知られるのがポルシェ木スターです。
コンバーチブル・ロードスターのボクスターは、1000万円以下で手に入るスポーツカーのなかでは突出したハンドリング性能を持ち、長距離ドライブにぴったりの疲労しないシートなど、定評ある車です。

ボクスター987型から派生したのがクーペモデルのポルシェ ケイマンです。
走りに関しては、あの名車911にも劣らないといわれている車です。
クラシカルなイメージを持っている車で、クラシカルな車が好きな方にはこたえられない魅力を持っている1台でしょう。

この他にも、カイエン、マカンなど美しく洗練された車がずらりと並びます。
日本の芸能人にも高い人気を誇っているポルシェは、これから先もドライバーたちに夢を与える車として、常に高い人気を継続していくのでしょう。