ロールス・ロイス

世界のセレブが愛するロールス・ロイス

世界中のセレブが愛するロールス・ロイスは、テレビでも高級車として登場する有名な車です。
クルマのことに詳しくない人でも、このロールス・ロイスという名前だけは知っているという人が多い、そのくらい、有名な車なのです。

ロールス・ロイスと一口にいっても、種類があり、ゴースト、レイズ、ファントムがあります。
ロールス・ロイスはこの三つの種類がベースとなっているのです。

最も安いものでいくらくらいするのかというと、3000万円以上です。
田舎の中古住宅なら十分購入できる金額です。
このうえ、世界のセレブ達は自分たちの好みによって何千万モノ大金を払いカスタムするといいますから驚きです。

そのくらい、他の車とはレベルの違う車なのです。
ロールス・ロイスは、世界でただ一台の車を求める顧客に関し、ノーという答えはないと断言している車メーカーなのです。

特徴的なエンブレム、これも高級な証

ロールス・ロイスといえば特徴的なエンブレムがあります。
何もかもが美しいといわれるロールス・ロイスの中にあり、エンブレムはエンジンを始動するとぐぐぐっと登場します。

更に世界のセレブリティを乗せる車ですから、乗りやすくないといけません。
ロールス・ロイスはこれも有名ですが、観音開きなのです。
ふとドアを見ると傘が収納されている・・雨が降ってもスマートに・・・配慮が素晴らしいです。

後部座席に乗ることで最高な感覚を得られる車

ロールス・ロイスは、運転するよりも後部座席に乗る事でその特別感を実感できるといいます。
フリクションが少ない、路面の微細な変化にも応じて、動き出しも実にスムーズ、滑らかに走るというよりも滑っていくような感覚は、ロールス・ロイスの後部座席こそ一番実感できるといいます。
運転するのが好きという方も多いのですが、この車は世界中のセレブが愛用する車として、車に乗っているという感覚ではなく、自宅でくつろぐような感覚を味あわせてくれる一台となっているのです。

神殿がモチーフ?フロントデザインに高級感

ロールス・ロイスの中でもファントムは、1950年代に栄華を極めたというシルバー・クラウド、ファングレディー、さらにパルテノン神殿がフロントデザインのモチーフになっているのです。
現代のファントムにも継承されている気品、伝統がフロントデザインに生きています。
サイドビューは観音開きコーチドアを採用、美しさとデザイン性をもっている最高級の車となっています。

安全性はもちろんの事、室内は当然余裕を感じる空間が広がり、空調システムも最先端です。
インテリアに関する素材も超一流素材を利用し、すべてにおいてセレブ仕様です。
必要にして十分な動力性能、ロールス・ロイス社の哲学を持ち、最高の最先端技術と伝統と融合させた最高のラグジュアリー感を追求した車がロールス・ロイス、ファントムというわけです。