コンパクトカー

コンパクトカーのメリット

では次に、最近人気が高まっている車種の一つとして「コンパクトカー」について紹介します。
コンパクトカーというのは普通自動車のカテゴリーであるものの、小型であるものを指しています。
大きさとしては軽自動車よりは大きく、いわゆる通常の普通自動車よりも小さいサイズとなります。
一見すると中途半端な大きさになりそうなものですが、利用者によってはこれが適切なサイズであることも多いことが人気に繋がっています。

まずメリットとしては、小型であることから税金や燃費に優れており、ランニングコストを抑えることが出来る、という点を挙げられます。
それでいて居住性については軽自動車よりも良いものとなっており、利用しやすい車体であるのがメリットとなります。

加えて、内部環境についても気を遣われている車が多く、比較的居住性も高めに設定されています。
セダンについでインテリアを重視している車が多いため、そちらにこだわりがある人でも利用しやすいでしょう。

コンパクトカーのデメリット

それでは、逆にコンパクトカーのデメリットとしてはどのようなものが考えられるでしょうか。
まずは前述の通り、利用目的が合わなければ「中途半端」になってしまうことが挙げられます。
より大容量のものが適しているならセダンの方がよいですし、積載量が必要ないなら軽自動車の方が適していると言えます。

ただし、やはり小型化を行っている関係でエンジンの性能などが普通車に比べて劣ってしまっている事が多く、上り坂などに弱い傾向があります。
ダート走行の可能性がある場合には適していないことは注意しておくと良いでしょう。

最近人気がある代表的なコンパクトカーとしては、トヨタのアクアやホンダのフィット、マツダのデミオなどがあります。
トヨタのアクアはハイブリッドカーであることもあり、燃費が極めて高いことが人気に繋がっています。
ハイブリッドカーは高額になりやすい傾向がありますが、比較的値段も抑えめであることが評価に繋がっています。

ホンダのフィットは燃料タンクをフロント席下部に設置することによって車内空間を広くすることに成功しています。
ハイブリッドではないためアクアには敵わないものの、コンパクトカーのなかではトップクラスの燃費性能を誇っているのも評価の理由の一つです。