ハイブリットカー

7d0ae0857cf634d9d435c57f83ea9b53_s

ハイブリッドカーの利点とは?

車種から車を選ぶ、まず1つ目として紹介するのは「ハイブリッドカー」についてです。
よく名前を見るものの、そもそものこのハイブリッドカーというのはどのようなものなのかしっかり理解できているでしょうか?
ハイブリッドというのは「混血」「中間」というような意味がある言葉で、その文字通り、2つのシステムをタイミングによって使い分けることによって効率を上げています。
基本的に利用されているのは「電気」と「内燃機関」の2つとなります。

電気にも内燃機関にも、それぞれ得意としている分野があります。
電気は安定的な運転をする際の消費が少ないという特性があり、内燃機関は大きな力を発揮する際や、エンジンスタートを得意としている傾向があります。
そのため、それぞれの得意としているタイミングで動力源の切り替えを行うことによって、最適化を測る、というのがハイブリッドカーの目的です。

この傾向によって、燃費は他の車に比べてかなり高い傾向があるでしょう。
さらに、通常の車よりも排気ガスの排出量が少ないことで環境への対処が出来ることもメリットの一つです。

加えて、これはデメリットの部分にも重なることですが走行音はかなり静かであると言えます。
夜の市街地で運転することが多い、というような場合には近所に迷惑にならずに、気にせずに運転することが出来るでしょう。

そしてもう1つ、大きなメリットであるのが、このハイブリッドカーの技術は世界的に見ても日本が最も先進であるということです。
そのため、海外から高い金額で購入する必要がなく、国産車で最高のものを手に入れる事が可能となっています。
特にトヨタはハイブリッドカーに力を入れており、プリウスなどはその代表として幅広く人気を集めています。
車種の幅も広く、自分に合っているものを選びやすいのも嬉しいところでしょう。

ハイブリッドのデメリット

では逆に、ハイブリッドカーにはどのようなデメリットがあるでしょうか?
まず1つ目として、価格の問題があります。
高度なシステムによって制動を切り替える仕組となっている関係上、どうしても価格が高額になる傾向があります。
同じグレードのガソリン車と比べると、数十万円程度の価格の違いがあることも少なくありません。

そのため、この差額分の利益を得る事を考えると、長期間乗り続けることが重要になります。
同じ車に乗り続けても飽きにくい人でなければ、新車購入は適しているとはいえません。
10年程度で元を取ることができます。

さらに、システム上高速運転をする際には燃費が低下してしまう傾向があります。
通常運転が中心であればそれほど問題はありませんが、高速道路を頻繁に利用するという場合にはハイブリッドカーの燃費のメリットが少なくなってしまいます。

そしてもう一つ、メリットの方にも記載した「静かさ」の問題です。
ハイブリッドカーはあまりにも静か過ぎます。
耳を澄ませても車輪の回転音が聞こえる程度で、エンジン音で車の存在に気づくことはできません。
そのため、市街地で運転をする場合には、相手の警戒を促すことができないため事故率が上がってしまいます。

中には状況に応じてわざと音を出し、存在を知らせるシステムが搭載されているものもあります。
こういったものを利用しつつ、安全を確保するように努めましょう。