軽自動車

軽自動車を利用するメリット

車種として最後に紹介するのは、最近特に高い人気を誇り注目を集めるようになった「軽自動車」です。
軽自動車は日本独自の規格であり、海外には存在していません。
海外ではそもそも道路幅が広い事が多いため、あまり軽自動車によるメリットが発揮されず、需要が見込めないことが展開していない理由となっています。
それでは、軽自動車にはどのようなメリットがあるのでしょうか?

軽自動車のメリットは、なんといっても「必要最低限」であるということです。
あくまでも自動車をちょっとした移動の手段として考える人が多くなっているため、価格や燃費が注目を集めるようになり、その他の部分が評価されにくくなりました。
その点において軽自動車は抜群の適正を持っています。

まずは軽く小さいため、燃費が良いものとなります。
ハイブリッドであればさらに燃費は向上し、ランニングコストを下げることが可能です。

さらに、税金関係も優遇されており、支払う費用が少なくて済むようになっています。
取得税は2015年に増税されたものの、これはこれまでが軽自動車にとって有利すぎる税制になっていたことが理由です。

加えて、高速道路や有料道路を安く利用することが出来ることや、駐車スペースが小さいために都内などでも使いやすいこと、登録の変更等に印鑑証明や車庫証明がいらないというようなこともメリットとして考えられます。

軽自動車のデメリット

では、軽自動車のデメリットとしてはどんなものがあるでしょうか。
軽自動車の最大のデメリットは「危険性」が高いことです。
当然ではありますが、他の車に比べ軽量であるため、事故が起こった場合には自分だけが吹き飛び、大きな被害を受けてしまう可能性があります。
車体強度も高くないため、原型がないほどまでダメージを受ける事故が発生しやすいのもデメリットの一つです。

さらに、車体が軽いことによって環境状況による事故を起こしやすいことも挙げられます。
横風を受ければ飛んでいきそうなほど煽られることも少なくありません。
実際、普通車であれば大丈夫であったであろう事故が、軽自動車であったがために死亡事故になってしまっているケースも少なくありません。