スポーツカー

しっていますか?スポーツカーとクーペの違い

車高が低い、スタイリッシュな車が多いとイメージできるスポーツカーやクーペですが、実際にはスポーツカーとクーペには違いがあります。

スポーツカーというのは車を使用目的によってカテゴリ分けするとき、スポーツドライビングができるという目的で作られています。
高速走行の運転に非常に特化している車で操作性も高く作られています。

クーペというのは、車のボディ形状をあらわし、2ドアの前部座席を主軸に作られている2人乗りの車を指します。
車高は低くスポーティなデザインをしているので、スポーツカーと一緒にされることが多いのですが、同じ意味を持っていません。

勿論、クーペの中にはスポーツカーに含まれるものがありますが、そもそもの意味が違うのです。

運転性能はどうなのか

スポーツカーも区^ぺも、運転性能は非常に高いという特性を持っています。
スポーツカーの場合、高速走行の安定感、コーナリング性の安定感ともに高く、クーペも運転性能が高い、また車高が低く空気抵抗が少なく設計されているので安定のある走りが特徴的です。

しかしいずれも車高が低いという事で、視界が悪いという特徴があり、低い位置を走るので怖いと感じる方も少なくありません。

スポーツカーの乗り心地と維持費

スポーツカーの乗り心地という点はどうなのか?考えてみると、走りの良さを追求した車という事でどうしても足回りについては硬いといわれています。
道路の路面状況においては、低い車高という事もあり、振動が直接つたわり乗り心地が悪いと感じる方もいます。

排気量が高いという特徴を持っているので燃費という点でもそのほかの車種と比較して落ちます。
燃費などを考えて乗るというよりもスポーツカーの場合、そのスタイル、デザイン、走りに魅力を感じて購入される方が多いので、これは仕方ない事でしょう。

実際にのっている方が感じている事

自分が好きなスポーツカーに乗っているという事なので、本人としては大満足、でも、やはり走ることに特化している車という事で、そのほかのことについてはデメリットを持っているという事もあります。

例えば車高が低いというのがスポーツカーの特徴でもあるので、乗り降りするときにかなり厄介というのがデメリットです。
またこの車高が低いという点で、踏切、車道と歩道の境目の段差、車止めの縁石でそこをこするなどのトラブルもあります。

また運転している人はいいのですが、ちょっとした凸凹でもかなり大きく振動が伝わるという特性があり、上下に激しく揺れるという事もあり、同乗している方が酔うという事も多いです。

アクセルやハンドル、ブレーキなどの反応も強くなっていますので、乗り馴れていないといきなり発進、いきなりブレーキ!という感じがして気持ち悪くなるという方も少なくないのです。