トラックメーカーといえば、UDトラックス

トラックといえばUDトラックス

UDトラックスは日本のトラックやバスを製造している自動車メーカーです。
スウェーデンの自動車メーカーであるボルボの子会社でもあります。
そのため、現在はボルボグループの製品の輸入も行っている企業です。

主力として製造しているのはトラックで、国内線湯率はかなり高くなっています。
普通トラックの国内シェア率は日本で4位の企業です。
バス事業については2007年から三菱ふそうとバス製造事業の業務提携を行っています。

UDトラックスの製品の特徴

純正部品と純正整備によって長い間車輌全体の品質維持を実現しているのが特徴であり人気の理由です。
高品質の車を長い間乗り続けることができるということで、ライフサイクルのコストカットも実現しています。

純正部品については安定した品質でトラックがポテンシャルを発揮するのはもちろんですが、不具合によって突然のトラブルが起きることを予防することにも努めしっかりと安定的にサポートをしていることも人気の一つです。
さらに、車両の稼働率を上げること、コスト削減のために純正整備の場を設けていることも他社と差別化を図ることができます。

また、車両の安全管理のためにもUDインフォメーションサービスがある点も安心です。
車両から送信されてくるデータをもとにUDが分析をして稼働率を向上させたり燃費効率の高い運転をするための省燃費レポートをしたりといったことをしています。
また、ビジネスに応じて拡張性の高いオプションの提供など、それぞれのニーズに合ったトラックの提供をしてくれている点でも信頼度は高いです。

UDトラックス中型の特徴

UDトラックスの中でも人気のある車両の一つがコンドルといわれる中型4トントラックです。
コンドルには3つの種類があり、仕様の変化によって積載量も変わってきます。
ただ、コンドルだけのラインナップでも対応する最大積載量の幅は広いです。

これはとても珍しいことであり、コンドルだけでも車両総重量が8トンから20トンまでと幅広く取り揃えられています。
そのため中型から大型まで対応しているのです。

トラックの性能としてもとても優秀といえます。
中型トラックの中ではかなり性能が高くトップクラスともいえる馬力と優れたトルクを搭載していながら燃費も高いです。
排気量も削減できています。

エンジン全体が最適化されていますから、トラックとしても安心して、そして運転しやすいものへと向上しています。
排気ガスにしても基準値をクリアしていますから環境に配備した運転が可能です。
機能も充実しており運転がしやすいという点でもドライバーにとっても運転がしやすいとっらっくですし、企業としてもランニングコストを最小限に抑えることのできるトラックといえます。