見た目も運転も楽しいおすすめのMT車

MT車は運転が面倒?現在は圧倒的にAT車が人気

現在販売されている車の中で何と9割以上がAT車というデータがあります。
確かに身近な人を見てもまたトラックなどの商用車を見ても、MT車は少なくなりAT車がほとんどです。
ゴーカートの運転と同じようなものとも表現されるAT車の魅力は、何といっても運転が楽、捜査が楽という点です。

MT車のギアの切り替えが苦手で自動車学校で苦しんだ人も、自動的にギアを上げ下げしてくれるAT車なら何も心配なく運転できます。
確かにAT車はいろいろな面からみて便利で楽な車ですが、中には絶対にMT車じゃなくちゃいやだという人もいるのです。
AT車とMT車の違い、MT車の何が魅力なのか理解するとMT車に乗ってみようかな?という気持ちにもなってきます。

MT車とAT車の違いはどこに?

MT車とAT車の最も大きな違いはギアにあります。
AT車の場合速度を上げるとそれにあったギアにあげてくれますし、速度を下げると速度に見合ったギアに下げてくれるのです。
MT車はギアの切り替えは速度によって自分で行わなければなりません。

しょっちゅうギアをがくがくといじっていなければならないのが面倒という人のほうが多く、運転操作が多数なMT車よりもAT車のほうが楽・・・とAT車を選ぶ人が多くなります。
AT車にもMTのように自分でギアの上げ下げができる機能が付いていますが、いじる人は少ないでしょう。

運転操作が面倒・・・それなのになぜMT車を選ぶのか

運転操作が面倒、長距離を走ると足が疲れる・・・なんてデメリットのほうが多く感じられるMT車ですが、なぜ根強いファンがいるのか、それは見た目が非常にかっこいいという特徴があるからです。
例えば大注目されたトヨタの86(ハチロク)を見てみると、スポーツカーの要素をたっぷり持っていて、特に男性箱の車に大きな魅力を感じたのでは?と思います。

AT車でももちろんかっこいい車はありますが、スポーツカーと呼ばれる車の多くがMT車なのです。
女性を見たら声をかけるのがマナーなどといわれるイタリアもかっこいいスポーツカーたが多数ありますが、イタリア男性はAT車に乗るとモテない、モテたいならMT車といわれています。

操作するのが楽しいのだ!

AT車の場合はギアをいじることがないのでただアクセルとブレーキを操作するだけですが、MT車は坂道、カーブ、いろいろなシーンで操作する必要があります。
そのガチャガチャといじる感じ、常に操作している感覚が「運転している」「車を操っている」という感覚になり乗っていて楽しいという人も多いです。

ドライバーの技術が必要となるMT車は乗れば乗るほど技術が向上します。
危険な運転は絶対によくありませんが、カーブの際ギアチェンジの技術を活かしてメリハリを持って曲がるなど、運転を楽しむことができるのがMT車です。

運転に自信がないという人はAT車のほうがいいと思いますが、運転をもっと楽しみたい、車の操作技術を向上させたいという人はMT車がお勧めできます。
乗りこなすのが大変な車もありますが、乗りこなせるようになると車に対する愛着も強くなり満足感のあるカーライフが過ごせるはずです。