ゼネラルモーターズ・ジャパンのシボレー

シボレーとは

シボレーはアメリカ3大自動車メーカーの一つであるゼネラルモーターズのブランドの一つです。
シボレーという名前はフランス語でシボレーの設立にかかわったスイス人のレーシングドライバーの名前からとられています。

車の特徴としてはスポーツカーやSUVの分野で特に人気が高いです。
販売圏もほぼ世界にありとても人気の自動車メーカーとも言えます。

シボレーの歴史

シボレーは1911年に設立されました。
湯治はまだまだ自動車文化が始まったばかりの時代です。
1920年代から自動車がブームになったことで近代的で高級なイメージのある自動車を作ろうということでカラーバリエーションを打ち出したことで競合他社と張り合うようになっていきました。

現在も1950年代から70年代のシボレーはビンテージカーという点でとても高い評価です。
新型も常に注目を集めており、世界的に影響力の高い自動車メーカーといえます。

シボレーの代表車種

シボレーの代名詞ともいえるのがシボレー・コルベットです。
フラッグシップスポーツカーともいえるコルベットは初代が発売された1954年から現在まで生産が続いています。
歴史ある名車であり多くの人が憧れる車でもあるのです。

初代のモデルから一貫しているこだわりとして5000ccを超える排気量のエンジンを搭載して言うこと、リアサスペンションはリーフリジッドの仕様であることがあります・
特にリーフリジット・サスのスポーツカーはコルベット以外にはなく、とても貴重です。

アメリカを代表するともいえるスポーツカーにカマロがあります。
コルベットに比べるとライトな印象がもたれることもありますが、実際には排気量は十分でありマッスルカート呼ばれる車種の一つでもある車です。

シボレーの中でもビンテージカーとなっているインパラがあります。
当時は絶大な人気を持ったものでしたが、現在でも高級セダンとしても残っている車種です。アメリカンドリームを体現するようなデザインがとても人気です。

インパラの派生モデルとして今でも走っているものにベルエアという車種もあります。
ベルエアもインパラも今でもビンテージカーの代表とも言われる車種です。
見た目の可愛さも人気を集めています。

SUVの面でとても知名度が高いものがサバーバンです。
日本にはないようなフルサイズのSUVはとても珍しいともともにアメリカらしいデザインとも言えます。
アメリカの自動車文化や道路事情に合った車でもあり、アメリカのクルマ文化を支えている車です。

サバーバンと同じようなデザインでありボディサイズが少し小さめなものにタホもあります。
日本車のSUVに近いボディサイズということで乗りやすいという点でも人気のある車種です。