電気自動車

電気自動車とはどういう車なのか?

すでに行動を沢山走っている電気自動車はEV車ともいわれますが、地球環境にやさしい車です。
電気自動車を普及しようという動きはすでに世界各国で推進されていることで、特に欧米ではレシプロエンジン(ガソリンなどの燃料を多く利用しCO2などを廃棄するエンジン)に対する規制は厳しいものとなっています。

日本でもこの先、廃棄物や副産物を出さないように電気自動車の普及はより大きくなっていくはずです。
環境汚染につながらないように排気ガスを軽減できる、なくすことができるようにしていくためにこれから先、電気自動車の普及について考えていかなければならないでしょう。

国内唯一のHV車 日産 リーフ

実は日産 リーフ以外にも国内で常用EVの車がありました。
しかし価格が高いということや燃料供給などに問題があり、販売成績が伸び悩んだこともあり生産終了となってしまったのです。
その中で頑張っているのが日産リーフといえます。

2017年にフルモデルチェンジを行い、現行モデルは充電走行距離を伸ばしより安心して乗れるEV車となりました。
改良は充電走行距離以外にも施されており、中でもe-Pedalは運転負担を軽減しました。
このほか、高速道路の操舵をサポートする機能やスイッチを入れるだけで自動的に駐車する機能など日産の最新技術が多数搭載されています。

多機能な性能を持つフォルクスワーゲンの「e-Golf」

フォルクスワーゲンといえばもともと日本でも人気のメーカーですが、魅力的なEV車を作りました。
この車はほかのEV車と違い、あえて未来志向的なデザインを持っていません。
レシプロエンジンが搭載されている通常の車同様のエクステリアなどを採用しているので、気軽に乗れるEV車といったイメージです。

レシプロエンジン車との違いはエンブレムとフロントマスクの水平なラインのみ、他はガソリン注入口と同じ場所にある電力供給ハッチなど全く変わらないデザインとなっています。
日本各地にあるCHAdeMOで充電できるので不便さも全くなし、レザーシートなど高級感ある内装も魅力です。

乗りこなしやすいタウンユースサイズのBMWi3

フォルクスワーゲンと同じドイツ車の中でもe-Golfとは逆に先進的イメージを前面に出しているEV車がBMWi3です。
ライフモジュールにBMW量産車初のカーボンファイバー強化樹脂を採用しているため、車重がどうしても重くなるEV車の中でも1300㎏と軽量化しました。

エクステリアなどはかなり先進的なイメージですが、インテリアは従来のイメージを残しています。
さすがBMWといえるのが木目調パネルを多用したラグジュアリーなどで、シティユースに乗りこなせる車であっても高級感はなくしていません。

一見オーソドックス・・よく見るとEV・・EV時代の申し子「ModelS」

EVやソーラーパネルを販売しているテスラ社が作ったEV時代の申し子といわれるModelSは、見た感じオーソドックスなデザインです。
しかしラジエターグリルを持っていないところなど、EVだと感じさせる部分もあります。

最大の特徴はフロントとリアに常時4輪駆動を設けていることで、走行性能は現行販売されているEV車の中でもトップです。
ハンドル、アクセル、ブレーキという基本操作以外、タッチパネルで操作するという未来的な操作も魅力の一つといえます。
充電時間が長いといったデメリットもありますが、形状といい性能といいこの先EV車の中で注目されていくことが間違いない車です。